1. ホーム
  2. >
  3. メール系サービス
  4. >
  5. 学生用メールシステム
  6. >
  7. Outlook の設定方法

学生用メールシステム

Outlook の設定方法

Outlook を使用する場合、GSSMO(G Suite Sync for MicrosoftR Outlook)を用いて G Suite と同期を行います。


  1. GSSMO をダウンロードします。
    ダウンロードページの「Download GSSMO」をクリックしてください。

  2. ダウンロードファイルをダブルクリックして、インストールを実行します。

  3. インストールが完了すると、自動で下記画面が表示されます。
    メールアドレスを入力して、「続行」をクリックします。


    自動で起動してこない場合は、スタートメニューから「G Suite Sync」→「G Suite Sync ユーザーをセットアップ」をクリックして起動してください。

  4. 自動でブラウザが起動します。選択するアカウントをクリックして、ログインしてください。
    ※GSSMO アプリケーションの画面は、このままにしておきます。

  5. 「許可」をクリックします。

  6. 正常に認証されました と表示されたら、ブラウザは閉じて構いません。

  7. 「プロファイルを作成」をクリックします。

  8. 下記画面、またはスタートメニューからOutlook を起動します。

  9. 同期画面が表示されます。「閉じる」をクリックします。
    「Microsoft Outlook の起動時にこのウィンドウを開く」のチェックを外すと、次回以降、この同期画面は表示されません。

  10. Outlook と G Suite の同期が完了しました。メールの送受信を確かめてください。

デフォルトのプロファイル設定

Outlook 起動時、プロファイルの選択画面を表示させたくない場合、
下記の手順で常に起動するプロファイルを設定できます。


  1. スタートメニューから「Windows システムツール」→「コントロールパネル」を開き、「メール」をクリックします。

  2. 「プロファイルの表示」をクリックします。

  3. 「常に使用するプロファイル」にチェックを入れて、使用するプロファイルを選択して、「OK」をクリックします。