学認関連サービス

三重大学 総合情報処理センター 2014-12-10

1. はじめに

ここでは、国立情報学研究所(以下、NIIと表記します)と連携した学術認証フェデレーション(学認)に関連するサービスの使用法等を説明します。

学認とは、大学や学術e-リソースを提供する機関・出版社等が、相互の認証連携を可能とするために構築した連合体です。

本学も学認に加盟しているため、NIIを始めとした様々な組織が提供するサービスを統一アカウントを用いて利用することができます。

ただし、そのすべてが利用可能なわけではなく、現在、本学構成員が利用できるサービスは「3.利用可能なサービスについて」のとおりになります。(順次、増やしていく予定です。)

2. シングルサインオンについての注意

学認は、一回ログインすれば同一の認証を必要とする他システムに認証なしでログインできる「シングルサインオン」という機構を採用しています。

例えば、「3.利用可能なサービスについて」に挙げられているある一つのサービスにログインすると、その他のサービスには統一アカウントを入力しなくてもログインができます。

2.1 ログインについて

ログインに至るまでの手順はサービスによって異なりますので、詳しくは「3.利用可能なサービスについて」を参照して下さい。
ログインする段階では、下記のログイン画面が表示されます。
  
この画面で統一アカウントを入力して下さい。
「Login」ボタンを押すと、下記のページが表示されます。
  
各サービスにログインするときには、ユーザID等の情報がサービス提供者のサーバに送信されることがあります。(送信される情報はサービス毎に異なります)
そのため、ログインする段階で、送信してもよいかどうかを承認する必要があります。
送信してもよい場合は「次」を、送信したくない場合は「キャンセル」をクリックして下さい。(「キャンセル」をクリックするとサービスにはログインできません)
この画面をログインの度に毎回表示したい場合は一番上のラジオボタンに、今のサービスに対しては今後もう表示する必要がない場合は二番目のラジオボタンにチェックを入れて下さい。
(二番目や三番目のラジオボタンにチェックを入れた場合でも、前述の統一アカウントを入力するところで「情報送信に関する承認設定をリセットする」にチェックを入れるとまた表示されるようになります)

 

2.2 ログアウトについて

シングルサインオンではログイン作業は簡便になりますが、ログアウトに注意が必要です。

完全にログアウトするためには、現状ではログインした各サービスで個々にログアウトをした上で一旦ブラウザを終了していただく必要があります。特に共用パソコンではご注意ください。

 

3. 利用可能なサービスについて

各サービスの利用方法を紹介します。

DreamSpark

Microsoftが運営する、開発系ソフトウェア無償提供サービスです。

※このサービスは学生を対象としたもので、学生が個人で所有するパソコンにのみインストールが可能です。学生身分を持たない人は利用しないようにしてください。

DreamSparkサイトの利用方法は学認経由での学生向けDreamSparkのアクセス方法(PDF)を、認証後の製品ダウンロードの操作についてはDreamSparkダウンロード方法(PDF)をご覧ください。

 

電子ジャーナル関連サービス

詳しくは附属図書館ホームページの学術認証フェデレーション関連サービスをご覧ください。

 

ReaD&Researchmap

JSTが運営する研究人材双方向コミュニケーションサービスです。
ReaD&Researchmapのアカウントと関連付けを行うことで、統一アカウントを用いてReaD&Researchmapにログインできるようになります。
利用方法は他機関IdPによるログインをご覧ください。

 

WebELS

NIIが運営しているオンデマンド学習、多地点遠隔講義、多地点ビデオ会議システムです。

情報セキュリティ教材「ヒカリ&つばさの情報セキュリティ三択教室」を利用することができます。

利用方法

1. WebELS - Web-based E-Learning Systemにアクセスしてください。

2.右上の「Login」をクリックしてください。

3.「所属機関」で「三重大学」を選択し、「選択」ボタンをクリックしてください。

4.認証画面が表示されたら、「Username」に職員番号・学籍番号を、「Password」に統一アカウントパスワードを入力し、「Login」ボタンをクリックしてください。

  ※学認にログインした状態であれば、この認証ステップは省略されます。
5.上記の情報送信を承認するページで承認を行って下さい。

 

FaMCUs

NIIが運営しているテレビ会議多地点接続サービスです。

※このサービスは学生はアクセスできません。

利用方法

1.FaMCUs: MCUテレビ会議システムにアクセスしてください。

2.「所属機関」で「三重大学」を選択し、「選択」ボタンをクリックしてください。

3.認証画面が表示されたら、「Username」に職員番号を、「Password」に統一アカウントパスワードを入力し、「Login」ボタンをクリックしてください。

  ※学認にログインした状態であれば、この認証ステップは省略されます。
4.上記の情報送信を承認するページで承認を行って下さい。
5.利用規約を読んだ上で、「同意します」にチェックを入れ、その下のフォームにメールアドレスを入力し、「利用規約に同意し送信します」ボタンをクリックしてください。

6.送られてきたメールに記載されているURLにアクセスします。

 

Fshare

NIIが試行運営している大容量ファイル転送サービスです。

※このサービスは、ファイルを送信する側、受信する側がともにユーザ登録している必要があります。

利用方法

1.GakuNin - 大容量ファイル転送サービス Fshareにアクセスしてください。

2.「所属機関」で「三重大学」を選択し、「選択」ボタンをクリックしてください。

3.認証画面が表示されたら、「Username」に職員番号・学籍番号を、「Password」に統一アカウントパスワードを入力し、「Login」ボタンをクリックしてください。

  ※学認にログインした状態であれば、この認証ステップは省略されます。

4.上記の情報送信を承認するページで承認を行って下さい。
5.利用規約を読んだ上で、「利用規約に同意して登録する」をクリックしてください。

6.「メールアドレス」に登録するメールアドレスを入力して「登録」をクリックしてください。

 

Eduroam-Shib

eduroamは、大学などの教育研究機関の間でキャンパス無線LANの相互利用を実現するサービスです。

このシステムでは、eduroamに接続するための一時アカウントを取得できます。

※このシステムで行えるのはアカウントの取得のみです。無線LANへの接続は、eduroam JPの「利用の手引」をご覧いただき、eduroamのアクセスポイントがあるエリアで行ってください。

利用方法

1.eduroam仮名アカウント発行システムにアクセスしてください。

2.「所属機関」で「三重大学」を選択し、「選択」ボタンをクリックしてください。

3.認証画面が表示されたら、「Username」に職員番号・学籍番号を、「Password」に統一アカウントパスワードを入力し、「Login」ボタンをクリックしてください。

  ※学認にログインした状態であれば、この認証ステップは省略されます。

4.上記の情報送信を承認するページで承認を行って下さい。
5.「新規アカウント発行」をクリックしてください。

6.利用規約を読んだ上で、「同意します」にチェックを入れ「進む」ボタンをクリックしてください。

7.「利用開始日」と「利用期間」を入力した上で「確認」ボタンをクリックしてください。

8.「申請」ボタンをクリックしてください。

 

HINET wlan guest service

広島大学で無線LANが使用できるサービスです。

利用方法は現地で確認してください。(無線LAN利用可能場所にポスターが掲示されているそうです)

 

佐賀大学無線LANゲスト利用サービス(Opengate)

佐賀大学で無線LANが使用できるサービスです。

利用方法は佐賀大学総合情報基盤センターの学認向け無線LANゲスト利用サービス(Opengate)をご覧ください。