eduroam について

三重大学 総合情報処理センター 2018-06-18

1. eduroam について | 2. 利用方法 | 3. 利用可能場所 | 4. 三重大学eduroamで利用可能なプロトコル | 5. 利用上の注意 | 6. 上手く接続できないときは

1. eduroam について
 eduroam(エデュローム) JPは、大学等教育研究機関の間でキャンパス無線LANの相互利用を実現する、国立情報学研究所(NII)のサービスです。三重大学でも、この度、学内での提供を開始しました。
 本学教職員・学生の方でも利用可能ですが、セキュリティ上の理由で、学外接続と同じ扱いになっております。引き続き モバイルLANをご利用ください。
 また、eduroam アカウントの発行ができない場合、本学教職員の方よりご申請いただければ、外来者用ネットワーク(mieu-guest)を提供しています。
eduroam の認証方式は以下の通りです。
認証方式802.1X, PEAP
サーバ証明書使用(検証)しない
端末(ユーザ)証明書使用しない
2. 利用方法
下記手順に従って、ご利用ください。
  1. eduroam JPアクセス用ID/パスワードを取得してください。
    取得方法については、学認関連サービス(eduroam)を参照してください。 他機関の方は、ご自身の所属する機関で、あらかじめアカウントを発行してください。
    連携している機関はeduroamJP認証連携IDサービスもご利用いただけます
  2. 「eduroam」と表示されたSSIDを選択し、eduroamアカウントIDとパスワードでログインしてください.
    各端末ごとの接続方法については、以下のマニュアルをご覧ください.
3. 利用可能場所
4. 三重大学eduroamで利用可能なプロトコル
ウェブ関係
  • http(80/tcp)
  • https(443/tcp)
メール関係
  • pop3(110/tcp)
  • pop3s(995/tcp)
  • imap4(143/tcp)
  • imaps(993/tcp)
  • ssmtp(465/tcp)
  • msa(587/tcp)
VPN関係
  • PPTP (GRE protocol (47), 1723/tcp)
  • OpenVPN(1194/udp, 1194/tcp)
  • SSH (22/tcp)
  • IPsec NAT traversal (4500/udp, 4500/tcp, 500/udp)
  • L2TP(1701/udp, 1701/tcp)
5. 利用上の注意
  • 三重大学の構成員で、他機関でeduroam を利用される場合は、他機関のルールに従って利用してください。
  • 他の方のアカウント利用をしないようにしてください。
  • 接続している機器から不正接続、異常な通信が見つかった場合は、強制的に切断させていただく場合がございます。ご留意ください。
  • 関係機関から、三重大学内のeduroam の不正な通信の問い合わせがあった場合は、強制的に切断する場合がございます。
6. 上手く接続できないときは
ユーザ名/パスワードが変わったが、ユーザ名/パスワードの入力画面が出なくて、 変更できない。
SSID=eduroam に対応する設定内容(プロファイル)を削除してから、再度設定を行ってください。プロファイルの削除は、以下のようにします。
  1. タスクバーにあるネットワークのアイコン(設定手順2を参照) をマウスで左クリックし、 ネットワーク一覧の末尾にある「ネットワーク接続」をクリックする。 これで「ネットワークとインターネット」の設定画面が表示される。
  2. Wi-Fiの項目の下の方にある「Wi-Fi設定を管理する」をクリックする。
  3. 「既知のネットワークの管理」からeduroamを選び、 削除ボタンをクリックする。
前は接続できたのに接続できなくなった。
eduroamJP認証連携IDサービスを利用している場合、IDの有効期限がきれている場合がございます。一度ご確認ください。
無線LANの電波が弱い場合、1X認証は失敗する可能性がございます。電波の強い所で認証が正しくできるかどうかを確認してください。
また、無線LANが不安定な場所で一度認証に失敗すると、設定がすべて正しくても、認証がしばらくの間通らないことがあります。数分待ってから、電波の強い所で再度試してみてください。
それでもつながらない場合、eduroam の設定を消して、再度設定を入れてみると繋がる場合がございます、ご確認ください。