1. ホーム
  2. >
  3. PC回収、メディアクラッシュサービス

PC回収、メディアクラッシュサービス

1. はじめに

PC回収

不要になったパソコンを総情センターで引き取ります。(あれば付属の電源とともに)技術職員室までお持ちください。
PC処分は外部委託です。
※回収したPCに記憶媒体がついていれば、クリア消去または磁気消去ののち処分されます。
物理破壊もご希望の方はHDDを取り外してお持ちください。総情センターでメディアクラッシュサービスを行います。
許可をいただいたPCのみ総情センターでデータ消去後、学内でリユースも行います。     

メディアクラッシュ

HDD(ハードディスクドライブ)を専用機で、磁気消去後、さらに穴をあけて物理的に破壊後、処分します。情報漏洩防止にお役立てください。

USBメモリの廃棄は受け付けておりません。うっかり情報漏えいしないために…USBメモリを正しく破棄する方法等といったサイトを参考に、自力で破壊をお願いします。

2.対象機器

ノートパソコン、デスクトップパソコン、Mac Book、iMacの引き取りが可能です。

メディアクラッシュについては、3.5インチHDD、2.5インチHDD、バックアップ用磁気テープ(DDSを除き磁気消去のみ)、SSD(物理破壊のみ)、及びフロッピーディスク(3.5インチのみ)が可能です。

音声テープ、映像テープ(DV、VHS等)は不可となります。

ディスクの処理可能な最大サイズは、幅 188×奥行き 104×高さ 25mm (VHSテープのサイズ)となります。

対象は本学の教育・研究・業務に利用されていたもので、私物については受け付けません。

事務PCについては情報基盤室にお問い合わせください。

3.利用の仕方

「PC回収、メディアクラッシュサービス希望」という件名で下記依頼書をメール本文にコピーし、サポートまでお送りください。

PC回収、メディアクラッシュサービス依頼書

依頼日:(   )年(  )月(  )日

依頼者
所属:(       )
氏名:(       )

依頼品
パソコン:   (   )個
HDD:     (   )個
その他(   ): (   )個

持ち込み日時:(   )年(  )月(  )日(  )時ごろ
(可能な限り9:00-16:00でお願いします)

※依頼したパソコンについて
総情センターでデータ消去したのち、リユースしても構いませんか?
OKの場合、データ消去、OSインストール後に学内展開します。
データ消去の方法は、0埋め作業というデータの復元不可能な方法で作業していますので、安全です。

OK ・ NG

申請書 Ver.20190723