荻  原  彰  の  業  績          

      学術論文(査読あり)                                                          

発表年月 論文名 執筆者(筆頭がファースト・オーサー) 発表誌名 発行機関名
87年3月 アメリカの環境教育政策の動向 荻原彰、阿部治、中山和彦 科学教育研究11(1)195-201 日本科学教育学会
87年9月 教師教育としての環境教育における大学の果たす役割 荻原彰、阿部治、中山和彦 科学教育研究11(3)114-119 日本科学教育学会
89年6月 コンピューターシミュレーションを使った土石流・崖崩れに関する教材の開発 荻原彰 地学教育42(6)251-255 日本地学教育学会
90年1月 自然への人為的影響に関する環境教育教材の試行 荻原彰、和田清 生物教育29(3.4)99-105 日本生物教育学会
93年12月 教育実習に対する新規採用教師の意見 荻原彰、中山和彦 科学教育研究17(4)175-182 日本科学教育学会
94年1月 BSCSの遺伝子工学に関する教材の紹介と実践 荻原彰 生物教育34(3)214-220 日本生物教育学会
95年3月 コンピューターを利用した地域の地質に関する教材の開発 荻原彰 地学教育48(2)49-55 日本地学教育学会
95年7月 高等学校における酸性雨とそれに関連した現象についての学習の試み 荻原彰 地学教育48(4)139-146 日本地学教育学会
95年11月 高等学校地学における自然放射能に関する授業実践 荻原彰 地学教育48(6)231-236 日本地学教育学会
97年5月 地学関連学会会員に対する高等学校地学に関する意識調査 荻原彰、西川純、松森靖夫 地学教育50(3)93-101 日本地学教育学会
97年9月 環境教育行政の実態と問題点 荻原彰、飯利雄一、土井進 環境教育7(1)20-28 日本環境教育学会
98年6月 アメリカの州レベルにおける環境教育行政の動向 荻原彰、戸北凱惟 科学教育研究22(2)69-77 日本科学教育学会
98年7月 マグマの分化に関する教材の開発と授業への展開 荻原彰、手塚恒人 地学教育51(4)139-147 日本地学教育学会
99年6月 北米環境教育連盟(NAAEE)により開発された環境教育の全米基準の特徴 荻原彰 科学教育研究23(3)195-202 日本科学教育学会
99年9月 80年代後半以降のアメリカの初等・中等教育に見られる環境リテラシーの研究 荻原彰、戸北凱惟 科学教育研究23(5)365−372 日本科学教育学会
00年6月 アメリカの環境教育に見られる価値の枠組みについての研究 荻原彰、戸北凱惟 科学教育研究24(2)89-97 日本科学教育学会
01年8月 アンケート調査による日米の環境教育行政の比較 荻原彰、戸北凱惟 環境教育11(1)38-44 日本環境教育学会
03年9月 自然災害を通して地域の自然を学ぶ試み 荻原彰 環境教育13(1)64-71 日本環境教育学会
03年12月 アメリカの環境教育における価値観の教授法について 荻原彰 科学教育研究27(5)333-344 日本科学教育学会
05年9月 日米の環境教育教材と環境教育フレームワークに見られる価値観及び環境感受性についての比較分析 荻原彰 環境教育15(1)39ー48 日本環境教育学会
07年3月 アメリカの環境教育における環境行動の教授について 荻原彰 科学教育研究30(5)306−315 日本科学教育学会
07年3月 学力向上を軸とした教育改革と環境教育 荻原彰 科学教育研究31(1)38−39(ポジション・ペーパーだが査読あり) 日本科学教育学会
08年4月 教育改革と環境教育の関係に対する教師の意識についての研究 荻原彰 環境教育17(3)25−34 日本環境教育学会
08年4月 教科書分析による中等教育気象領域の内容の変遷 松下麿也、荻原彰 地学教育61(1)1−7 日本地学教育学会
09年

7月

アメリカにおける学力重視の教育改革と教育改革に対する環境教育の応答及び日本の環境教育への提案 荻原彰 環境教育19(1)129−138 日本環境教育学会
 09年12月  環境教育における小学校・市民団体間の連携について−問題点と持続的連携の条件及び効果的連携のための提言ー  稲守将基、荻原彰 環境教育19(2)47−57 日本環境教育学会
 10年12月  大学共通教育における河川景観教育の実践   荻原彰、福山薫、永田成文、宮岡邦任  環境教育202) 1625 日本環境教育学会
 11年11月  理科教師の能力についての大学生の考え方の変容に関する研究  荻原彰、平賀伸夫  理科教育学研究52(2) 47−54 日本理科教育学会
14年4月  三重県祓川流域の治水遺構を題材とした治水教育の意義と動画・模型・実地見学を活用した教育実践  荻原彰 平野麻衣 大竹亮宣  「地学教育」665.6) 113122  日本地学教育学会 
15年3月  日本教職員組合全国教育研究集会報告の分析による日本の公害教育の特質  荻原彰、李群蔵  「環境教育」24(3) 91ー104 日本環境教育学会
15年6月 中華人民共和国内モンゴル自治区の中等教育生徒の砂漠化問題に対する環境配慮行動意図とそれを規定する要因に関する研究  荻原彰、バイタナ  科学教育研究39(2) 148ー159 日本科学教育学会 
16年7月  米国カリフォルニア州バークレー学区における食農教育の研究 荻原彰  環境教育26(1),52-61 日本環境教育学会
16年10月 中学校における紫外線教育教材の開発と実践  荻原彰、北川奈々、小西判尚  生物教育57(1) 20ー26 日本生物教育学会
  著書      
発行年月 書名   発行機関名  
97年2月 真田町史(自然編)          共著 真田町 担当部分は「四阿火山」  
02年7月 これからの理科学習を進める教材 共著 東洋館出版 担当部分は「地すべり地の地形変化を観察しよう」  
02年10月 環境教育への招待 共著 ミネルヴァ書房 担当部分は「アメリカにおける環境教育の取り組み」  
03年3月 STS教育入門 共著 かもがわ出版 担当部分は「斜面崩壊による自然災害」  
06年6月 未来を展望する理科教育 共著 東洋館出版 担当部分は「環境教育」  
07年3月 法則探検に出かけよう 共著 三重大学出版 担当部分は「自然科学的説明」  
08年10月 環境事典 共著 旬報社 担当部分は「クロス・カリキュラム」、「環境教育指導資料」、「科学教育」  
10年
10月 
実験で実践する魅力ある理科教育ー小中学校編 共編著(編者は川村 康文, 山下 芳樹, 秋吉 博之, 荻原 彰)  オーム社 地学部分の編集と執筆を担当  
11年
3月 
三重大学Problem-based Learningの手引き  共著 三重大学高等教育創造開発センター
担当部分は「環境インターンシップ」
 
 11年9月  アメリカの環境教育ー歴史と現代的課題ー  単著  学術出版会  
11年9月  高等教育とESD 持続可能な社会のための高等教育  編著  大学教育出版  
11年12月   持続可能な社会をつくる防災教育  共著  協同出版 担当部分は「自然災害と日本の文化」  
13年7月  環境教育辞典  共著  教育出版 担当部分はPISAなど9項目  
13年7月   よくわかる環境教育  共著  ミネルヴァ書房 担当部分は環境に関する知識・理解  
14年3月   教採問題から読みとく理科―生命・地球編ー  共著  オーム社 担当部分は気象、流れる水の働きと地形、地層のでき方  
15年9月  自然と共同体に開かれた学びーもう一つの教育・もう一つの社会ー  単著  鳥影社  
16年2月  学生が変わる プロブレム・ベースド・ラーニング実践法(THE POWER OF PROBLEM BASED LEARNINGの訳本)  共著  ナカニシヤ出版 担当部分は「研究論文を課題教材とした活用するPBL科目」   
16年7月 環境教育学の基礎理論 共著  法律文化社 担当部分は「学校教育学における環境教育学の構想」   
17年2月  環境自治体白書 共著 生活社 担当部分は「全国市区町村の環境教育政策の現状」  
  その他の著作      
発行年月 題名   発行機関名または発行誌名  
97年10月 米国ウィスコンシン州における環境教育行政の制度と歴史 単著 信州の環境と教育1 42-46 長野県環境教育研究会
98年3月 酸性雨 単著 科学研究費補助金報告書「高校理科TA科目群のための副読本開発に関する研究」37-41  
00年2月 アメリカの教育改革と環境教育 単著 信州の環境と教育3 26-28 長野県環境教育研究会
00年4月 地学移行期の理科授業における提案(3)高等学校ー総合学習とのつながりー 単著 理科の教育2000年4月号 33-35 日本理科教育学会
02年3月 小学校社会科の学習指導要領では人間と自然の関係をどのように扱ってきたのか 単著 信州の環境と教育5 9-12 長野県環境教育研究会
03年3月 大学理系学部の生物学シラバス調査による高等学校と大学の接続についての基礎的研究 単著 科学研究費補助金報告書「理科の評価基準の策定と実験テストを含む評価方法の開発研究」79-87  
05年3月 人口減少の時代の科学教育ー持続可能な社会への軟着陸を目指して 単著 科学研究費補助金報告書「2020年の科学教育のあり方に関する企画調査研究」146ー147  
05年3月 米国の環境教育について 単著 国際理解教育のための教材開発ーアメリカ合衆国について68−82 兵庫県国際理解教育研究プロジェクト
05年3月 善光寺地震 単著 信州大学教育学部大学院「理科教育演習」用e-learning教材 信州大学
06年9月 書評「黄砂ーその謎を追う」 単著 環境教育16(1) 65 日本環境教育学会
06年12月 環境教育へのGIS(地理情報システム)の利用 単著 楽しい理科授業2007年1月号 53−54 明治図書
07年6月 サイエンス・パートナーシップ・プロジェクトによる中大連携活動の実施と課題 共著(後藤太一郎・本田裕・新居淳二・荻原彰・伊藤信成・西岡正康) 三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 111−116 三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要
07年12月 どんな”環境観”を育てるか 単著 楽しい理科授業2008年1月号 17 明治図書
08年3月 アメリカの環境教育をめぐる3つの潮流 単著 21世紀の環境とエネルギーを考える 36−48 時事通信社
08年5月 フリーズー食物連鎖をゲームで学ぶー 単著 附属学校における「学部教員による授業実施WG研究」ー平成19年度報告書55−59 三重大学教育学部・附属学校連携推進協議会
08年6月 地理情報システムを使った地域・学校の環境教育資源の活用について:祓川事典の試み 単著 科学研究費補助金報告書「持続可能な開発のための教育(ESD)に関する総合的研究」166−178  
08年6月 「持続可能な社会」を理科の文脈で教えよう 単著 楽しい理科授業2008年7月号 48 明治図書
09年4月 科学教育における問題解決能力の評価枠組み

アメリカの科学教育カリキュラムにおける評価について

単著 科学研究費補助金報告書「21世紀の科学教育における新しい評価基準の構築と、評価を生かす理科授業の創造」44−46

同報告書137−147

 
09年4月 学部教員と附属学校教員による連携授業の試み 共著(蓮尾直美・伊藤信成・三輪辰男・山中伸一・上山浩・荻原彰・平賀伸夫・杉村伸一) 日本教育大学協会研究年報第27集241−254 日本教育大学協会
09年4月 校地の自然を活用した教師用環境教育ハンドブックの作成 共著(荻原彰・浜口由華) 科学研究費補助金報告書「自然環境と地域社会との関わりを重視した日本型環境教育の構築と展開」136−146  
10年4月  研究的実践と教員免許状更新講習 単著 平成20・21年度三重大学教員免許状更新講習事業報告書  337 三重大学教員免許状更新講習実施委員会
11年3月  危機に立つ生徒達のための学校ー米国イーグル・ロック高等学校の教育ー 単著 三重大学附属教育実践総合センター紀要
第31号 31−35
三重大学附属教育実践総合センター
13年11月   野蛮人にならないために 野蛮人をつくらないために 単著 科学教育研究37(3)268-269  日本科学教育学会
14年7月   デラウェア大学PBLの研究 共著 科学研究費補助金報告書 「コンピテンス基盤型科学教育の創造―初等・前期中等教育を中心にー」  
14年11月  紫外線 気にしてますか?教えてますか? 単著 教科研究理科 第199号 4ー5  学校図書
16年3月  デラウェア大学PBLの研究 共著(荻原彰、人見久城) 三重大学教育学部 研究紀要 第67巻 245-255  三重大学教育学部
16年6月  教員免許状更新講習選択必修領域に対して初等中等教育教員が持っているニーズについての調査研究  共著(荻原彰、中西良文、大熊節子) 科学教育学会研究会研究報告30巻9号 35-40  日本科学教育学会
                    学会発表
84年8月   アメリカの教師教育における環境教育の動向         荻原彰・阿部治・中山和彦  日本科学教育学会第8回大会
86年8月   植生への人為的影響に関する教材の開発           荻原彰               日本科学教育学会第10回大会 
89年8月   コンピューターシミュレーションを使った土石流・崖崩れに関する教材の開発  荻原彰    日本科学教育学会第13回大会  
90年8月   アンケートよりみた、教育実習に対する新規採用教師の意見   荻原彰・中山和彦      日本科学教育学会第14回大会
93年8月   BSCSの遺伝子工学に関する教材の紹介と実践       荻原彰              日本科学教育学会第17回大会 
93年8月   コンピューターを利用した地域の地質に関する教材の開発  荻原彰              日本地学教育学会第47回全国大会
94年8月   理科クラブの研究を利用した酸性雨教材の開発        荻原彰             日本科学教育学会第18回大会
95年8月   環境教育行政の実態と問題点             荻原彰・飯利雄一・土井進・漆戸邦夫 日本科学教育学会第19回大会
95年8月   大学生における土壌に関する学習状況             森川寛・和田清・荻原彰   日本科学教育学会第19回大会
96年8月   マグマの結晶分化作用に関する教材の開発          荻原彰             日本地学教育学会第50回全国大会
97年9月   米国ウィスコンシン州における環境教育行政          荻原彰・戸北凱惟       日本教科教育学会第23回全国大会    
99年8月   日米の環境教育行政の比較                   荻原彰              第1回日中環境教育シンポジウム
00年7月   アメリカの環境教育における環境倫理についての研究    荻原彰             日本科学教育学会第24回大会
00年8月   総合的な学習の時間における自然災害教育          荻原彰             日本科学教育学会第24回大会
04年8月   日米の環境教育教材と環境教育フレームワークに見られる価値観教授の分析 荻原彰  日本科学教育学会第28回大会 
04年11月   日米の環境教育に見られる環境感受性及び環境行動について 荻原彰           日本理科教育学会第51回東海支部大会
06年8月   環境教育におけるNPO・学校連携についてのヒヤリング調査 稲守将基・荻原彰      日本理科教育学会第56回全国大会
06年8月   ESDと科学教育ー新しい相互依存関係の展望ー        荻原彰             日本科学教育学会第30回大会
06年11月   教科書分析による中等教育気象教材の歴史的変遷      松下麿也・荻原彰      日本理科教育学会第53回東海支部大会
07年8月   教育改革と環境教育の関係に対する教師の意識調査     荻原彰             日本理科教育学会第57回全国大会
08年8月   祓川事典の試みー地域の情報を効果的に利用する教師支援データベースの構想ー    日本環境教育学会第19回大会
                                                                                       荻原彰
08年8月   科学教育における問題解決能力の評価枠組みについて    荻原彰            日本科学教育学会第32回大会
09年3月   アメリカにおける学力重視の教育改革               荻原彰             日本環境教育学会20周年記念研究会
09年11月    アメリカにおける環境教育の危機とNo Child Left Behind Act    荻原彰                          日本理科教育学会第55回東海支部大会     
10年5月  米国における環境教育の制度化                   荻原彰              日本環境教育学会第21回大会
10年6月  中学2年生全員参加の森の健康診断の実践            小西伴尚・荻原彰      日本科学教育学会東海支部会
12年3月  日教組全国教育研究集会「公害と教育」分科会に見る原発の扱いについて 荻原彰・李群蔵 日本環境教育学会「原発と環境教育」分科会
12年3月  大学共通教育における環境インターンシップの効果について          荻原彰      日本科学教育学会第4回研究会
12年8月   日本教職員組合全国教育研究集会レポートに見られる日本の環境教育・公害教育の特徴    日本環境教育学会第23回大会
13年8月   プロジェクト研究 環境教育の制度化                                  日本環境教育学会第24回大会
13年9月   デラウェア大学におけるPBLの展開                                   日本科学教育学会第32回大会
14年8月  アメリカ学部教育におけるProblem-Based Learningの手法ー医学部型PBLからハイブリッド型PBLへ 日本理科教育学会第64回大会
14年9月  3.11後の社会に科学教育が果たしうる役割 (指定討論者としての発表)            日本科学教育学会第33回大会
16年1月  中学校における紫外線教育教材の開発と実践                            日本生物教育学会第100回全国大会
17年8月  先進自治体の環境教育政策-すぐれた政策実践(Good Practice)とその成立条件を探る   日本環境教育学会第27回大会