「青少年のための科学の祭典」 第6回 三重大会 の開催について
1.「科学の祭典」の趣旨
  一人でも多くの青少年に自然科学の面白さを体験してもらうことが、科学の祭典の目的です。先生や生徒が日夜工夫を凝らした科学実験や科学工作を一堂に集めて、子供たちが自ら触れて、作って、動かして、納得のいくまで楽しむことのできる場と致します。

2.開催要項

主催: 「青少年のための科学の祭典」三重大会実行委員会、
       (財)日本科学技術振興財団・科学技術館

《亀山大会》 
1) 日時: 2004年 11月13日()、14日()
2) 場所: 亀山市青少年研修センター
       <開催時間> 13日()は、13:00―17:00
               14日()は、10:00―16:00
3) 共催: 亀山市教育委員会、関町教育委員会、三重大学

《伊賀大会》 
1) 日時: 2004年 11月23日(火)
2) 場所: 名張教育会館
       <開催時間>  10:00―16:00
 
《三重大学大会》           
1) 日時: 2005年 1月29日()、30日()
2) 場所: 三重大学
       <開催時間> 29日()は、13:00―17:00
               30日()は、10:00―16:00

《紀北大会》
1) 日時: 2005年 2月20日(日)
2) 場所: 紀北教育会館
       <開催時間>  10:00―16:00
 
後援: 文部科学省、三重県教育委員会、三重県立博物館、三重県教職員組合、三重県小学校理科教育振興会、三重県中学校理科教育研究会、三重県高等学校理科教育研究会、全国科学館連携協議会、全国科学博物館協議会、日本放送協会(NHK)、日本物理教育学会、日本生物教育学会、日本地学教育学会、日本理科教育協会、日本基礎化学教育学会、日本科学教育学会、日本理科教育学会、(社)日本物理学会、(社)応用物理学会、(社)日本化学会、日本地質学会、(社)日本機械学会、(社)日本アイソトープ協会、(社)日本理科教育振興協会、(財)日本私学教育研究所、朝日新聞社、毎日新聞社津支局、讀賣新聞社津支局、産経新聞社津支局、中日新聞社三重総局、伊勢新聞社、三重テレビ放送、ZTV
 

協賛: 電気事業連合会、岡三加藤文化振興財団、地元企業等
 

連絡先:
       「青少年のための科学の祭典」三重大会 実行委員会事務局
   〒514-8507  三重県津市上浜町1515 三重大学教育学部 理科教育
               西岡正泰(Tel & Fax 059-231-9240)
                  nishioka@edu.mie-u.ac.jp
 
        「青少年のための科学の祭典」 亀山大会 実行委員会事務局
   〒519-0213  亀山市田村町75 亀山市立中部中学校
              須川幸弘(Tel 0595-82-2101 & Fax 0595-82-2085) 

         「青少年のための科学の祭典」紀北大会実行委員会事務局
    〒519-5414   南牟婁郡紀和町小栗須27 入鹿中学校
                二村直司(Tel  05979-7-0009 FAX 05979-7-0011)

         「青少年のための科学の祭典」伊賀大会実行委員会事務局
    〒518-0479  名張市百合が丘東9-1 百合が丘小学校 
                本多康樹(Tel & Fax 0595-64-6211)