arrow学会発表


[印は発表者,下線は当研究室の教員 or 学生]

  • 井上 雄介稲垣 穣増田 裕一:膜透過性環状ペプチドの新規スクリーニング法の有用性の検証.日本農芸化学会2021年度大会,一般講演 4F02-15(オンライン開催,東北大学)2021年3月18日〜21日.
  • 杉山 恵里稲垣 穣増田 裕一:蛍光共鳴エネルギー移動 (FRET)を用いたアミロイドβタンパクのプロトフィブリル形成の検出.日本農芸化学会2021年度大会,一般講演 3G03-02(オンライン開催,東北大学)2021年3月18日〜21日.

  • 増田 裕一:天然由来ペプチドの活性発現に係わる三次元構造の解明と応用.2020年度農芸化学奨励賞受賞者講演,日本農芸化学会2021年度大会(オンライン開催,東北大学)2021年3月18日〜21日.
    ※学会ホームページに,受賞講演の動画が公開されています(2022年2月末日まで)
  • 増田 裕一:天然由来ペプチドの活性発現に係わる三次元構造の解明と応用.日本農芸化学会 中部支部 第188回 例会,受賞講演(オンライン開催,三重大学),2020年11月14日.

  • Yusuke Inoue, Minoru Inagaki, Yuichi Masuda: Development of screening method of cyclic peptides with high membrane permeability. 第57回ペプチド討論会,ポスター発表 P-059(オンライン開催,鳥取大学)2020年11月9日〜11日.

  • Eri Sugiyama, Minoru Inagaki, Yuichi Masuda: A new detection method of amyloid β-protein aggregation using forester resonance energy transfer. 第57回ペプチド討論会,ポスター発表 P-005(オンライン開催,鳥取大学)2020年11月9日〜11日.

  • 吉田 優香稲垣 穣,島田 康人,増田 裕一:バンレイシ科植物アテモヤの種子に含まれるアセトゲニン類の単離と構造解析.日本農芸化学会 中部支部 第187回 例会,口頭発表 B13(オンライン開催,名古屋大学),2020年9月26日.

  • 杉山 恵里稲垣 穣増田 裕一:蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)を用いたアミロイドβ凝集体の新規定量法の検討.日本農芸化学会 中部支部 第187回 例会,口頭発表 B11(オンライン開催,名古屋大学),2020年9月26日.

  • 井上 雄介稲垣 穣増田 裕一:膜透過性が高い環状ペプチドの探索法の開発.日本農芸化学会2020年度大会,日本農芸化学会 中部支部 第187回 例会,口頭発表 B10(オンライン開催,名古屋大学)2020年9月26日.

  • 井上 雄介増田 裕一:膜透過性が高い環状ペプチドの探索法の検討.日本農芸化学会2020年度大会,口頭発表 4B02a06(九州大学伊都キャンパス,福岡)2020年3月25日〜28日【中止】.
  • 杉山 恵里増田 裕一:アミロイドβタンパク質の凝集の蛍光共鳴エネルギー移動(FRET)による検出.日本農芸化学会2020年度大会,口頭発表 3B03p14(九州大学伊都キャンパス,福岡)2020年3月25日〜28日【中止】.[ポスター発表 P027(優秀発表演題に選出)]

  • 吉田 優香増田 裕一:バンレイシ科植物アテモヤの種子からのsquamocin-IVの単離・生物活性評価.日本農芸化学会2020年度大会,口頭発表 3B01p16(九州大学伊都キャンパス,福岡)2020年3月25日〜28日【中止】.

  • 吉田 優香増田 裕一: 三重県産アテモヤの種子に含まれる生物活性成分の単離・構造決定.地域イノベーション学会 第9回総会・学術大会, ポスター発表(三重大学 地域イノベーション研究開発拠点, 三重県津市)2019年12月7日.

  • Yuichi Masuda, Moeka Sano, Masaya Honda, Ken-ichi Akagi: NMR analysis of hydrogen bonds in PF1171F, a cyclic hexapeptide with insecticidal activity, under pseudo body’s internal environment. 第56回ペプチド討論会,口頭発表 O-04(東京医科歯科大学M&D タワー,東京)2019年10月23日〜25日.

  • Yuka Yoshida, Yuichi Masuda: Solid-phase synthesis and biological evaluation of cherimolacyclopeptide E. 第56回ペプチド討論会,ポスター発表 P-010(東京医科歯科大学M&D タワー,東京)2019年10月23日〜25日.

  • Fumiya Tanaka, Kana Shibata, Yuichi Masuda: Design and synthesis of β-strand conformation-fixed peptides inhibiting aggregation of amyloid β-protein. 第56回ペプチド討論会,ポスター発表 P-032(東京医科歯科大学M&D タワー,東京)2019年10月23日〜25日.

  • 田中 郁也柴田 果奈増田 裕一:アミロイドβの凝集を阻害するβ-ストランド配座固定ペプチドの設計と合成:ベンゼン環と配座固定の位置の検討.日本農芸化学会2019年度大会,口頭発表 3D3p11(東京農業大学,東京)2019年3月24日〜27日.

  • 吉田 優香増田 裕一:Cherimolacyclopeptide Eの全合成と生物活性評価.日本農芸化学会2019年度大会,口頭発表 3D3p07(東京農業大学,東京)2019年3月24日〜27日.

  • Yuichi Masuda: 3D Structure-activity relationship study of naturally occurring peptides and its application to drug design. 第10回国際ペプチドシンポジウム/第55回ペプチド討論会,日本ペプチド学会奨励賞受賞講演 AW-02(ロームシアター京都,京都)2018年12月3日〜7日.

  • 増田 裕一佐野 萌佳本田 将也,赤木謙一:環状ペプチドPF1171Fの生体内環境における立体配座のNMRによる解析.日本農芸化学会2018年度大会,口頭発表 3A14p06(名城大学,名古屋)2018年3月15日〜18日.

  • 田中 郁也柴田 果奈増田 裕一:アミロイドβの凝集を阻害するβ-ストランド配座固定ペプチドの設計と合成.日本農芸化学会 中部支部 第183回 例会,ポスター発表 P38(名古屋大学豊田講堂,名古屋),2018年9月15日.[中部支部企業奨励賞]

  • 増田 裕一佐野 萌佳本田 将也,赤木謙一:環状ペプチドPF1171Fの生体内環境における立体配座のNMRによる解析.日本農芸化学会2018年度大会,口頭発表 3A14p06(名城大学,名古屋)2018年3月15日〜18日.

  • 本田 将也増田 裕一:環状ペプチドPF1171ペンタペプチドとavellanin類の全合成と生物活性評価.日本農芸化学会2018年度大会,口頭発表 2A15a13(名城大学,名古屋),2018年3月15日〜18日.

  • 田中 郁也柴田 果奈増田 裕一:アミロイドβの凝集を阻害するβ-ストランド配座固定ペプチドの設計と合成.日本農芸化学会2018年度大会,口頭発表 2A15a12(名城大学,名古屋),2018年3月15日〜18日.

  • Masaya Honda, Yuichi Masuda: Total synthesis and biological evaluation of PF1171B, D, E, and avellanins A, B, C. 第54回ペプチド討論会,ポスター発表 P-020(大阪府立大学,大阪府堺市),2017年11月20日〜22日.

  • 増田 裕一,丸山 千登勢,川畑 球一,濱野 吉十,土井隆行:(2S,3R,4R)-3,4-dihydroxyarginineの 合成と一酸化窒素合成酵素の阻害活性.日本農芸化学会2017年度大会,口頭発表 2C15a10(京都女子大学,京都),2017年3月17日〜20日.

  • 増田 裕一:環状ペプチドの三次元構造に着目した構造−活性相関研究.第51回 天然物化学談話会 ショートトーク(湯沢東映ホテル,新潟県南魚沼郡),2016年7月6日〜8日.

  • 増田 裕一,田中 錬,土井 隆行:カイコ麻痺活性を示す環状ペプチドPF1171類の三次元構造−活性相関.日本農芸化学会2016年度大会,ポスター発表 3B064(札幌コンベンションセンター,札幌),2016年3月27日〜30日.


創薬化学研究室の紹介ページへ戻る