arrow学会発表


[印は発表者]

  • 〇吉田 優香,増田 裕一: 三重県産アテモヤの種子に含まれる生物活性成分の単離・構造決定.地域イノベーション学会 第9回総会・学術大会, ポスター発表(三重大学 地域イノベーション研究開発拠点, 三重県津市)2019年12月7日.
  • 〇Yuichi Masuda, Moeka Sano, Masaya Honda, Ken-ichi Akagi: NMR analysis of hydrogen bonds in PF1171F, a cyclic hexapeptide with insecticidal activity, under pseudo body’s internal environment. 第56回ペプチド討論会,口頭発表 O-04(東京医科歯科大学M&D タワー,東京)2019年10月23日〜25日.
  • 〇Yuka Yoshida, Yuichi Masuda: Solid-phase synthesis and biological evaluation of cherimolacyclopeptide E. 第56回ペプチド討論会,ポスター発表 P-010(東京医科歯科大学M&D タワー,東京)2019年10月23日〜25日.
  • 〇Fumiya Tanaka, Kana Shibata, Yuichi Masuda: Design and synthesis of β-strand conformation-fixed peptides inhibiting aggregation of amyloid β-protein. 第56回ペプチド討論会,ポスター発表 P-032(東京医科歯科大学M&D タワー,東京)2019年10月23日〜25日.
  • 〇田中 郁也,柴田 果奈,増田 裕一:アミロイドβの凝集を阻害するβ-ストランド配座固定ペプチドの設計と合成:ベンゼン環と配座固定の位置の検討.日本農芸化学会2019年度大会,口頭発表 3D3p11(東京農業大学,東京)2019年3月24日〜27日.
  • 〇吉田 優香,増田 裕一:Cherimolacyclopeptide Eの全合成と生物活性評価.日本農芸化学会2019年度大会,口頭発表 3D3p07(東京農業大学,東京)2019年3月24日〜27日.
  • 〇Yuichi Masuda: 3D Structure-activity relationship study of naturally occurring peptides and its application to drug design. 第10回国際ペプチドシンポジウム/第55回ペプチド討論会,日本ペプチド学会奨励賞受賞講演 AW-02(ロームシアター京都,京都)2018年12月3日〜7日.
  • 〇増田裕一,佐野萌佳,本田将也,赤木謙一:環状ペプチドPF1171Fの生体内環境における立体配座のNMRによる解析.日本農芸化学会2018年度大会,口頭発表 3A14p06(名城大学,名古屋)2018年3月15日〜18日.
  • 〇田中郁也,柴田果奈,増田 裕一:アミロイドβの凝集を阻害するβ-ストランド配座固定ペプチドの設計と合成.日本農芸化学会 中部支部 第183回 例会,ポスター発表 P38(名古屋大学豊田講堂,名古屋),2018年9月15日.[中部支部企業奨励賞]
  • 〇増田裕一,佐野萌佳,本田将也,赤木謙一:環状ペプチドPF1171Fの生体内環境における立体配座のNMRによる解析.日本農芸化学会2018年度大会,口頭発表 3A14p06(名城大学,名古屋)2018年3月15日〜18日.
  • 〇本田将也,増田裕一:環状ペプチドPF1171ペンタペプチドとavellanin類の全合成と生物活性評価.日本農芸化学会2018年度大会,口頭発表 2A15a13(名城大学,名古屋),2018年3月15日〜18日.
  • 〇田中郁也,柴田果奈,増田裕一:アミロイドβの凝集を阻害するβ-ストランド配座固定ペプチドの設計と合成.日本農芸化学会2018年度大会,口頭発表 2A15a12(名城大学,名古屋),2018年3月15日〜18日.
  • 〇Masaya Honda, Yuichi Masuda: Total synthesis and biological evaluation of PF1171B, D, E, and avellanins A, B, C. 第54回ペプチド討論会,ポスター発表 P-020(大阪府立大学,大阪府堺市),2017年11月20日〜22日.
  • 〇増田裕一,丸山千登勢,川畑球一,濱野吉十,土井隆行:(2S,3R,4R)-3,4-dihydroxyarginineの 合成と一酸化窒素合成酵素の阻害活性.日本農芸化学会2017年度大会,口頭発表 2C15a10(京都女子大学,京都),2017年3月17日〜20日.
  • 〇増田裕一:環状ペプチドの三次元構造に着目した構造−活性相関研究.第51回 天然物化学談話会 ショートトーク(湯沢東映ホテル,新潟県南魚沼郡),2016年7月6日〜8日.
  • 〇増田裕一,田中錬,土井隆行:カイコ麻痺活性を示す環状ペプチドPF1171類の三次元構造−活性相関.日本農芸化学会2016年度大会,ポスター発表 3B064(札幌コンベンションセンター,札幌),2016年3月27日〜30日.

創薬化学研究室の紹介ページへ戻る