本文へスキップ

三重大学教育学部 理科教育講座 生物学

〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
daisuke[at]edu.mie-u.ac.jp

論文・著書company

学術論文(査読あり)
西脇亜也・平山大輔・畑田彩 (2016) 生態学教育のネットワークへの期待 ―パネルディスカッションと参加者アンケートのまとめ―. 日本生態学会誌 66: 659-666.

平山大輔・森川英美・後藤太一郎 (2014) 光合成の授業におけるICTの活用とその有効性 ―小学校理科6年小単元「生物と空気のかかわり」に注目して―. 理科教育学研究 54: 419-426.

Hirayama D, Fujii T, Nanami S, Itoh A, Yamakura T. (2012) Two-year cycles of synchronous acorn and leaf production in biennial-fruiting evergreen oaks of subgenus Cyclobalanopsis (Quercus, Fagaceae). Ecological Research 27: 1059-1068. Ecological Research Award, 2012

香山雅純・青木菜保子・平山大輔・舘野隆之輔・川路まり・米田健 (2012) 2種類の土壌に植栽したオキナワウラジロガシとアマミアラカシの成長特性. 九州森林研究 65: 64-67.

Yamakura T, Sato H, Kanzaki M, Itoh A, Nanami S, Hirayama D, Yoneda T, Hozumi K, Kira T. (2009) Hidden implications of dendrographic records of tropical trees observed by Dr. Kyoji Yoda. Tropics 18: 127-141.

平山大輔 (2008) 高校生物の観察教材としてのイヌビワ−イヌビワコバチ共生系の導入に向けて―大学生への実践事例をもとに―. 理科教育学研究 49: 151-159.

Hirayama D, Nanami S, Itoh A, Yamakura T (2008) Individual resource allocation to vegetative growth and reproduction in subgenus Cyclobalanopsis (Quercus, Fagaceae) trees. Ecological Research 23: 451-458.

塩見修平・名波哲・平山大輔・伊東明・山倉拓夫 (2008) 御蓋山のナギに起きた種子生産リズムの崩壊. 社叢学研究 6: 70-77.

Yamakura T, Hosomi A, Hirayama D (2008) Analysis of aboveground vegetative growth by using the logistic theory of the density effect in young monocultures of Ficus carica L. Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 77: 17-23.

Yamakura T, Hosomi A, Hirayama D (2008) Effect of tree spacing on vegetative growth and reproduction in an early growth stage in two cultivars of Ficus carica L. Journal of the Japanese Society for Horticultural Society 77: 7-16.

赤阪俊介・伊東明・名波哲・平山大輔・山倉拓夫 (2007) 近畿の雑種タンポポの発芽に及ぼす温度の影響. 関西自然保護機構会誌 29: 101-110.

Hirayama D, Yamakura T (2007) Limiting factors on the seed production of Lindera erythrocarpa in the Kasugayama forest reserve, Nara, Japan. Bulletin of Kansai Organization for Nature Conservation 29: 81-87.

Hirayama D, Itoh A, Yamakura T (2004) Implications from seed traps for reproductive success, allocation and cost in a tall tree species Lindera erythrocarpa. Plant Species Biology 19: 185-196.

Hirayama D, Nanami S, Itoh A, Yamakura T (2003) A sex ratio bias driven by deer browsing in a Lindera erythrocarpa population at the Kasugayama forest reserve, Nara, Japan. Bulletin of Kansai Organization for Nature Conservation 25: 23-32.

山倉拓夫・平山大輔・名波哲・伊東明 (2003) ナギの種子落下速度 (御蓋山ナギの分布域拡大3). 関西自然保護機構会誌 24: 97-112.

山倉拓夫・川ア稔子・藤井範次・水野貴司・平山大輔・野口英之・名波哲・伊東明・下田勝久・神崎護 (2001) 春日山照葉樹林の未来. 関西自然保護機構会誌 23: 157-169.

学術論文(査読なし)
尾上修一・平山大輔・後藤太一郎 (2015) データロガーを活用した理科教材開発とマニュアルの作成. 三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 35: 119-123.

平山大輔・尾上修一・後藤太一郎 (2014) 植物の蒸散の実験におけるデータロガーの活用. 三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要 34: 19-23.

著書・翻訳書
三重県レッドデータブック2015〜三重県の絶滅のおそれのある野生生物〜. 三重県. 2015. (共著)

三重の森林とわたしたちのくらし. 三重県農林水産部. 三重. 2014. (監修)

ワークブックで学ぶ生物学実験の基礎. (監訳:後藤太一郎、原著:Greenwood T, Bainbridge-Smith L, Pryor K, Allan R (2011) Skills in Biology 3rd ed. Biozone International, Hamilton). オーム社. 東京. 2014. (共訳)

つし自然ガイドブック 〜知ろう・歩こう・津市の自然〜. 三重自然誌の会編. 津市. 2013. (共著)

生態学 個体から生態系へ. (監訳:堀道雄、原著:Begon M, Harper J L, Townsend C R (2006) Ecology 4th ed. Blackwell Science, Oxford). 京都大学学術出版会. 京都. 2013. (共訳)

ワークブックで学ぶ生物学の基礎. (監訳:後藤太一郎、原著:Allan, R. (2008) Senior Biology 1 & 2 - Student Workbook 2008. Biozone International, Hamilton). オーム社. 東京. 2010. (共訳)

生態学 ―個体・個体群・群集の科学. (監訳:堀道雄、原著:Begon M, Harper J L, Townsend C R (1996) Ecology 3rd ed. Blackwell Science, Oxford). 京都大学学術出版会. 京都. 2003.(共訳)

その他・記事など
生き物は「どこか遠く」にいるのではない. (編集:三重県農林水産部みどり共生推進課、みえ生物多様性推進プラン). p.16. 三重. 2016.

どんぐりとチョッキリ. 世界通信 教材学習ニュース No.2175(1) 世界通信社. 2015年10月25日.

実からわかる植物の生きかた. 世界通信 教材学習ニュース No.2139(1) 世界通信社. 2014年10月25日.

どんぐり博士になろう. 世界通信 教材学習ニュース No.2138(1) 世界通信社. 2014年10月15日.

色や形を残す植物標本づくり. 世界通信 教材学習ニュース No.2128(1) 世界通信社. 2014年7月5日.

植物が花粉を送りとどけるしくみ. 世界通信 教材学習ニュース No.2122(1) 世界通信社. 2014年5月5日.

神社に残る照葉樹林. 世界通信 教材学習ニュース No.2102(1) 世界通信社. 2013年10月15日.

海辺の砂浜に生きる植物. 世界通信 教材学習ニュース No.2101(1) 世界通信社. 2013年10月5日.